古賀式拒食症・過食症改善17日間プログラム
much03.jpg

食事の時間はみんなで楽しもう!

毎日の食事を、なるべく1人で摂らないように注意しましょう。




1人暮らしの場合でも、朝が以外は誰かと一緒に食べに行ったり、
家に招いたりして、できるだけ「孤食」は避けるのが摂食障害の予防策。




1人で食べると、食事の内容が偏ってしまったり、ついつい食べ過ぎてしまったり、
食べる量の変化に誰も気付いてくれなかったり・・・。




摂食障害の兆候に気付いてもらえないまま、
摂食障害に飲み込まれていくという危険性もあるのです。




また、誰かと楽しくおしゃべりをしながら明るい雰囲気の中で食事を摂るのは、
摂食障害の元凶であるストレスを低減させる効果もあります。




食事の場はコミュニケーションの場でもありますので、
心に気にかかっていることを相談してみる絶好の機会ともいえるでしょう。




些細なことだと思われるかもしれませんが、
このように食事の雰囲気に気を付けるだけでも、摂食障害の予防に繋がるのです。







摂食障害・過食症・拒食症 改善対策 治す為に!
摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル



posted by 摂食障害改善 at 10:00 | TrackBack(0) | 摂食障害の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。